トップページ > 出発の準備
出発の準備
パスポート
海外旅行中の身分証明として必ず必要となるパスポート。
お持ちでない場合はご自身にて必ずご出発前に取得ください。(申請から受領までは約10日前後かかりますので、余裕を持って取得していただきますようお願いいたします)また、ご予約にあたっては再度以下のチェックをお忘れないようにお願いいたします。
パスポートの有効期限(渡航先により異なります)
日本国籍以外の方は「再入国許可証」が必要となります。
航空券記載氏名とパスポート氏名が同一であること。
お申込み時のお名前も同一である必要がありますのでご注意ください。
(ローマ字のスペルが同一であること。パスポートが旧姓の場合、お申込みも旧姓にてお願いします。)
お名前の変更によりツアー代金の変更、変更手数料がかかる場合もございますので、お申込みの際は十分ご注意ください。
パスポートの申請について
新規申請にご用意いただく書類は下記の通りとなっておりますが、詳しくは「各都道府県のパスポート申請窓口」または「外務省ホームページ」にてご確認ください。
1.一般旅券発給申請書1通
2.戸籍抄本または謄本1通
3.住民票1通(6ヶ月以内のもの)
(※住基ネットに参加している区市町村にお住まいの方は不要です。
4.官製はがき1通
5.写真1枚(縦4.5cm×横3.5cm 6ヶ月以内に撮影のもの)
6.身元確認のための書類
ビザ(査証)
渡航先によってビザ(査証)が必要となります。
ビザが必要か不要かは事前にご確認ください。(ご不明な場合は当社にお問い合わせください。)原則としてビザはご自身で取得していただきますが、日本国籍の方に限り、当社にて代行することも可能です。
(代行の場合には別途手配手数料がかかりますので、あらかじめご了承ください。)
クレジットカード
ホテルのチェックイン、レンタカーのお申込みなど必ずクレジットカードの提示が求められます。
「ビザカード(VISA)」、「アメリカンエクスプレス(AMEX)」はほぼどの渡航先でも対応が可能なため、是非携帯したいものです。現地ではレストラン、ショップなどの入口付近やレジのあたりに使用可能なクレジットカードのロゴサインが掲示されているので、確認の上、利用することを心がけてください。
また、盗難・紛失の際はすみやかに届けを出してください。事前にカード番号、盗難・紛失の場合の連絡先を控えておく必要があります。
トラベラーズチェック(T/C)
旅行時に現金とほぼ同じに扱うことができ、しかも本人のサインなしでは利用できない、再発行可能な旅行用小切手「トラベラーズチェック(T/C)」はとても便利で安心なものです。
盗難・紛失の場合を考え現金を少なくしてT/Cを購入することも一つの手段でしょう。
盗難・紛失の際は最寄の警察署に届け、「紛失証明書」を発行してもらい、現地にて再発行の手続が可能です。
もちろんT/Cの番号を事前に控えておく必要がありますので、事前にお買い求めの際は注意事項を必ず読んでおきましょう。
外貨両替
現地ご到着後、一番に必要となるものが「現地通貨」です。チップやちょっとした買い物などに現金が必要となります。ご出発前、空港で時間が足りない、現地到着後、時間外のためすぐに両替できないなどの体験をされた方もいらっしゃると思います。できればご出発前までに銀行等で現地通貨に両替されることをお勧めいたします。また日本にて両替できないものもございますので、詳しくは渡航先の観光局、または各銀行までお問い合わせください。
国際免許証
海外で運転する際は、日本の免許証に加えて国際免許証が必要となります。レンタカーを利用するコースやレンタカーをお申込みのお客様は、ご自身で最寄の都道府県運転免許試験場、公安委員会の国際免許窓口にて申請、取得してください。その際は下記の5つをご用意ください。窓口申請後、即日交付となります。また国際免許証の有効期間は交付日から1年間です。
1.パスポート
2.写真1枚(縦5cm×横4cm)
3.日本の運転免許証
4.印鑑
5.手数料
海外旅行傷害保険
海外での病気、ケガ、盗難などの万一の場合を考慮して「海外旅行傷害保険」に加入することをお勧めいたします。お荷物の盗難などに有効な保険もございますので、入っておけばひと安心。ご旅行前には加入保険の内容を把握しておきましょう。
航空手荷物
海外旅行の持ち物は何かと増えがちですが、荷物はなるべく少なく、身軽にすることが大切です。また、パスポートや現金など貴重品は常に身につけておく必要があります。お預けになる場合は壊れものは避けましょう。